当たり前のことを続けていれば、事業は必ず成長する

 

今日はワインイベントのマネージャーをしてもらっている仙田さんと僕の家のリビングで半日ほど作業をした。プロモーションや新しいチャネルなどをいろいろと仕込んだ。うまく行ったら結果を書きたいと思う。

当たり前のことをきちんと続けていれば、事業は必ず成長する。まずは成長しているマーケットを選択する。利益の出るセグメントを選び、利益の出る値付けをする。出てきた利益の一部を成長に投資し、それで利益が増えたらその一部をさらに投資する。顧客リストも取引先も増え続けるし、ブランドの認知度も上がり続ける、オペレーションは改善するし、新しいアイデアも出てくる。

そのとき、経営者に必要なのは改善の軸を持っておくことである。自分の事業がどんな要素で成り立っていて、その中でどこに投資余地、改善余地があるのか、全体像を把握しておく。その全体像を持っていないと、自分が得意なところばかり改善したり、思いつきで施策を打ったりしてしまう。

自分の事業にとっての「当たり前のやるべきこと」が何なのか、リストを持っておくとよい。

また書きます。